施設のご案内

グループホーム あうる恵み野



自立の目標に特化した障がい者グループホームです。 ご本人の問題点に着目するのではなく可能性や能力を引き出し、スタッフと共に歩みながら地域未来の光を探すところです。

障がい者グループホームとは?

正式名称は「共同生活援助」といい障害者総合支援法に基づく障害者福祉サービス。 身体・知的・精神障害者などが世話人などの支援を受けながら、地域の一戸建てやアパートなどで共同生活を送る場です。 主として夜間に入浴、排せつ、食事の支援や相談、日常生活上の必要な援助等を提供します。

障がい者グループホームの役割は?

障害者の入所施設から地域移行の受け皿。自立した生活を送るための一歩としての役割を担っています。さらに障害者の親の高齢化にともない親の亡き後への備えとして整備が望まれています。

我々が目指すグループホーム

・「入所施設」ではなく 入居者一人一人の「家」であること。
・集団生活ではない「個人の暮らし」がそこにある。
・自分の暮らしは自分で決めることができる。
・ひとりひとりの生活を実現できる生活の場であること。
・そのために必要な援助を受けることができる。
・暮らす人(入居者)を指導、訓練するところではありません。元気なときも元気がない時も、得意なことも苦手なことも、入居者のありのままの姿をさらけ出せる「暮らしの場」です。
・みんなでそろって外出はしません。自分の生活を作っていくところ。

ご入居までの流れ

1. お電話等でのご相談

どんなことでもお気軽にお電話ください。担当者が親切丁寧にご案内いたします。

2. グループホームを見学

実際にご利用者様が生活されている様子をご覧になって頂くことでイメージがつくかと思います。その後ご希望によりあうるでの生活、1日の流れ、ご契約などについてご説明いたします。

3. ご入居のお申込み・ご入居の可否を決定

ご入居をご希望される場合は、相談室を通してお申し込みください。ご本人様の望まれる生活や状態を把握し、安全面を考慮の上ご入居の受け入れについてスタッフで話し合います。

4. 申請書の提出

お住いの市町村の窓口へお問合せください。申請には障がい者手帳と書類の提出が必要ですので詳細について相談員や担当者とご相談ください。

5. ご契約

ご自宅もしくはホームにて入居契約を結ばさせていただきます。ご不明な点、ご不安な点がございましたらお気軽にご質問ください。

6. お引越し

契約が終わりましたら、実際に入居される日を決めて引っ越し準備をします。居室にあらかじめ備え付けてある備品や間取りを確認しご自分で準備いただくものををリストアップすることをお勧めします。

7. ご入居

なるべく今までお使いになられていた家具を持ち込んでいただくと、入居者様も安心してご利用いただけます。その他必要なものがあれば、安価でご提案、ご用意のお手伝いをいたします。状況に応じて職員がサポートすることも可能ですので事前にご相談ください。